担保割れ

担保割れ

 

担保にしている土地や建物の評価額以下になってしまっている事。

 

例えば土地と建物の評価額が1000万円だったとします。当初の借り入れは900万円でした。借り入れ当初は土地や建物の評価が良かったのですが、5年後に景気の悪化。その他、近隣の人口低下等により、評価額が500万円になってしまったとします。

 

5年後の住宅ローン残高が700万円に減っていたとしても、評価額以下になってしまっています。このような場合を【担保割れ】といいます。

 

担保割れしたような場合は、金融機関が追加の担保を要求してきます。担保として他の土地や株券、保証人の追加を求められたりします。そういったケースでも、借り換えの検討を視野に入れたほうが良いでしょう。