元利均等・元金均等

元利均等・元金均等

 

住宅ローン・借り換えローンの返済には2種類あります。元利均等と元金均等です。

 

元金均等の返済では、毎月の返済総額=「借入総金額÷返済期間」+「残高にかかる金利」という形がとられます。ローンの最初は残高が多いので、その分の金利は高くなります。

 

ですから、徐々に毎月の返済額が減っていくのです。元利均等返済は、毎月の返済額が最初から最後まで一定です。もちろん金利も含んだ金額です。

 

二つのどっちがお得かというのはいえません。ご自身のライフスタイルと合わせて検討してください。ちなみに、公的融資機関やフラット35では、上記二つを選択できるようになっています。民間金融機関では、基本的には元利均等です。借り換えローンの場合は民間になりますので、元利均等ですね。

 

ローンの金額や返済期間・金利が全く同じ条件で比較した場合は、元金均等の方が支払う利息の総額は少なくなります。しかし、借入当初の支払額が大きいため、それなりの収入がないと審査に通らない可能性があります。

 

また、団体信用生命保険料・保証料などは残高にかかります。ですから 借入れ当初の支払が多い元金均等の方が負担が少なくなります。

 

次に元利均等払いです。元金と利息の合計が均等になる払い方(毎月の支払額が同じ)での返済になります。メリットは支払額が変わらないので、安心ができること。デメリットは、ローン開始直後の段階は支払いのほとんどが金利であり、元金がなかなか減らないということです。

 

ただ通常ならば、金融機関は元利均等払いを勧めてきます。しかも金利キャンペーンを付けてくれるのは元利均等だけっていう金融機関も多いです。以前、どうしても元金均等払いにしたいというお客様がいたので、あちこちの金融機関をまわりました。

 

結果、元利均等ならばそれ相応の金利のディスカウントをしてくれるのに対し、元金均等は思ったより金利のディスカウントは無く、元金均等の方がお得なはずの支払総額は、あまり変わらなくなってました。

 

元金均等の方が、同じ条件であればコスト的には利点が多いです。しかし、十分な収入があって元金均等の返済が可能な状態であっても、以上のような事もあり元利均等を選ぶ場合がほとんどです。窓口で色々な提案を聞いてみましょう。

 

 

住宅ローン