フラット35の紹介・メリット

フラット35の紹介・メリット

 

借り換えローンを考える時に、「フラット35」を選択肢に入れる人は多いでしょう。フラット35とは、旧住宅金融公庫、現在の住宅金融支援機構が支援している、民間金融機関の「長期固定金利」のことです。

 

フラット35は、「公庫提携ローン」「証券化ローン」「公庫買い取りローン」「新型住宅ローン」などと様々な呼び方をされていました。

 

フラット35には「買取型」と「保証型」があります。買い取り型は、前から出ている商品で、金利や事務手数料以外はどこの金融機関でも同じ構成です。保証型は、割と最近始まりました。

 

団体信用保険・繰り上げ最低額・繰り上げ返済手数料・保証料などの金利・事務手数料以外は、各金融機関が設定していて買い取り型よりもお得になるケースがあります。

 

フラット35の「買取型」のメリットは、何といっても【最長35年間金利固定】です。すなわち、変動金利とは違い35年間返済額が上がることはありません。また長期固定金利のローンとしては、金利が2%台と過去にないほどの低金利です。

 

銀行ローンの場合は、融資額の0.2%ほどの保証料を事前に支払うか、毎月の金利に上乗せをして払わないといけませんが、フラット35は保証料0円です。そして、借入は最大8000万円の、保証人不要です。

 

銀行の場合は、繰り上げ返済の際に手数料が必要なことが多いですが、フラット35の「買取型」の繰り上げ返済手数料は、無料です。ただし、フラット35の「保証型」の場合は、各金融機関が設定するために返済手数料が必要なことがあります。

 

 

住宅ローン