段階金利の借り換えローン

段階金利の借り換えローン

 

段階金利とは、昭和57年から平成17年まで使われていた公庫の住宅ローン方式です。ローン開始から10年間・11年目から完済までの期間で、金利が変わるもののことを指します。10年目までを基準金利、11年目以降を段階金利というのですが、この段階金利のローンにも注意点があります。

 

段階金利の注意点は、「段階金利が高い」ということです。今の長期固定金利のローンの金利に比べて、この段階金利は4%ほどのところが多く、結果から言えば損なのです。ですから、最近はこの段階金利から借り換えローンをする人も増えています。

 

以前に家を買って、今まで基準金利だったものがそろそろ10年になる…という段階金利前に、民間金融機関への借り換えを検討される人が多いです。今は民間金融機関の長期固定金利が2%くらいのものがあるために、総返済額にかなりの差が出てくるからです。

 

段階金利のローンは、現在は契約が廃止されています。新規申し込みはないのですが、廃止される前に段階金利で契約をしていた人で、現在支払中という人は、注意しなければなりません。早めに長期固定金利で2%台のところを検討たほうがよさそうです。

 

段階金利のローンからの借り換えを検討される人にも、いろいろとパターンがあると思います。まず、段階金利廃止直前でローンを組まれた人。まだ基準金利で支払されている人です。今の金利が他の民間金融機関と大差なければ、そのままでもいいでしょう。

 

基準金利期間が終わるころに、借り換えローンの検討を始めるのがベストです。次に、段階金利の開始が近い人または段階金利が開始されている人は、すぐにでも民間金融機関の借り換えローンを探してください。長期固定金利も今後は上昇する可能性が高いです。できれば早めに借り換えをしましょう。

 

 

住宅ローン