フラット35のデメリット1

フラット35のデメリット1

 

フラット35は、メリットも大変大きいですが、もちろんデメリットも存在します。フラット35は、35年のローンです。20年ローンと比べると、金利は少し高い傾向があるようです。

 

もし、35年もローンが不要で10年や20年返済でいいわという方がいるなら、フラット35よりも安い金利の民間のローンがお得かもしれません。ちなみに、平成19年から【フラット20】が始まりました。これは、フラット35よりも0.2%くらい金利が低くなっています。

 

フラット35を申し込んでからは、審査があるため、実際の借入までの期間が2週間から1ヵ月程度かかります。この期間は金融機関により変わってきます。余裕を持って申込をすることが大切ですし、もし審査に落ちたら借入ができないので、他を探すことになる事も念頭に置いておきましょう。

 

また、不動産屋さんによっては「審査に通らなければ手続きが進まない」というところもあり、実際の入居が延びることがありますので、しっかりと確認をしましょう。

 

フラット35は、融資開始時の金利が適応されます。ですから、借入の申し込みをした時点と融資開始時とでは金利が変わることもあることに注意しましょう。金利は常に変動しますので、確定する金利がどれくらいかと推測するのは、かなり難しく、ギャンブルにも近いです。

 

今の金利が2.30%しても、融資開始時が2.58%だった、ということもあり得ます。結局、他で借りた方がお得だったということもあるのです。こういう落とし穴にも注意が必要です。

 

 

住宅ローン