借り換えローン手続きの費用

借り換えローン手続きの費用

 

借り換えローンの審査に通ったら、手続きが必要となります。その手続きは、書類を揃えるだけでも結構大変です。借り換えローンは、別の機関で新規にローンを組み直すという形になります。

 

ですので、今の担保物件の抵当権を一回消して、再度新しく抵当権を設定するという形をとります。では具体的にいくら程度かかるのか、大まかな数字を挙げておきましょう。

 

・印紙税・・・だいたい2万円以内

 

・保証料・・・2000万円で30年のローンなら0〜60万円弱
  (保証料無料で金利上乗せも有)

 

・完済手数料、事務手数料・・・機関によって変わります。無料〜数万円程度です。

 

・登記手数料・・・一般的に10万円くらいです。

 

大体このような形で、保証料が大半を占めますが、保証料無しで金利を0.2%〜0.5%上乗せでOKな金融機関もあります。ですので多くて80万円ほどは見ていた方がいいと思います。

 

借り換えローンの手数料は、以上がめやすです。実際、ローンを契約するときには、ローンの頭金・諸経費・予備の資金が必要です。一般的に、購入時にはの総予算の2割の資金を用意するのがいいと言われますが、借り換え時にはそこまで必要ないでしょう。

 

ただ、ローンの頭金が少ないとどうしていけないのかという点についてですが、もしその物件を売ることになった時にトラブルが起きる可能性が高いということを挙げておきます。頭金が少ないと、ローンの返済開始後、何年かはローン残高が物件の時価を上回るので、売却条件が厳しくなります。

 

売れない訳ではありませんが、担保を外す際に金融機関はその差額分を支払わなければ担保を外してくれません。差額分が少額であれば、差額をローンで支払う事も可能ですが、差額が300万円以上になると、現実的には金融機関が首を縦に振らないケースが多いようです。

 

そうなると売却できずに別の方法を考えなければいけません。人生はいつどんなことがあるかわかりません。そういったトラブルを未然に防ぐ意味でも、預貯金のバランスを考えながら、頭金はできるだけ多く用意したほうが良いでしょう。

 

 

住宅ローン