住宅の買い時

住宅の買い時

 

住宅メーカーや不動産は、私達に「今は金利が安い」「今後マンションの価格が上がる」などといろいろな情報を与えることで、住宅やマンションなどの購入を焦って契約させようとします。つい、その口車に乗せられる人も多いです。「物件が買い時」の判断を正しく下すには、どうしたらよいでしょうか。

 

「住宅の価格」を判断する基準は、新築マンションの平均分譲価格に注目するのがよいでしょう。これは新聞やチラシなどによく載っています。見たことのある方も多いでしょう。

 

この価格で、目当ての住宅が安いのか高いのかの判断がある程度可能です。また、自分の経済状況に合わせた価格の物件を購入しないと、購入後に返済が大変になってきますので、この価格の部分は特に注意が必要です。

 

「住宅ローンの金利」も大切です。この金利によって、総返済額が大きく変わってきます。毎月の金利は変動していますので、この金利の動向からは目を離さないようにしましょう。そして、これから借り入れや借り換えローンを検討される人は、長期固定金利の住宅ローンにすることをおすすめします。

 

「マンションの供給状況」についても注目が必要です。「マンションの供給が多い=選択肢が広がる」ということです。マンションがたくさん出れば、価格競争から価格の値下げも始まるでしょう。しかしマンションの数が多くなるほど【品質にバラつきが出る】ということも忘れてはいけません。

 

出る数が多いほど、悪い物件に当たってしまう確率も高くなります。自分の購入したマンションの近くに同じような仕様のマンションが建ったが、販売価格が「1割」も安かった…ということもあるかもしれません。

 

 

住宅ローン