借り換えローンとは?

借り換えローンとは?

 

借り換えローンとは、「今返済中のローンを他の金融会社などを使って一括返済し、その借金をローンで返済していく」というスタイルのローンです。つまり、借金している会社を乗り換えるということです。

 

借り換えローンをするメリットは、まず「金利差」です。借り換えローンを利用されている人は、住宅ローンなどの多額のローンを支払っている人が多いでしょう。額が大きいと毎月の返済も大きくなる上に、金利も加わっていきます。金利が1%違うだけで、トータル的な総額は何百万という違いにもなるのです。金利の低いローンを組んだら、毎月の返済額も下がる計算になります。

 

毎月の支払額を今までと同じ金額に設定すれば、返済期間の短縮になります。家を買った時には、銀行などで住宅ローンを組みますが、景気によってその金利も変わってくるのです。これが変動金利です。これを固定金利のローンに変更することによって、将来景気悪化でさらに金利が高くなるというリスクを回避できる可能性もあります。

 

り換えローンは、公的融資(金融資や住宅金融公庫など)にはありません。民間金融機関にだけで取扱いがあるものです。ケースとしては、公的融資機関から民間金融機関への借り換え、あるいは民間金融機関からさらに条件のいい他の民間金融機関への借り換えなどの方法があります。

 

逆に、民間金融機関から公的融資機関への借り換えは不可能になります。例えば、公的融資機関でローンを組んでいる人でも、11年目からは段階金利になるため、その段階金利よりも低い固定金利の民間金融機関への借り換えは有利になることがあります。

 

 

住宅ローン